フコイダンは薬品ではありません

フコイダンは健康維持のために毎日活用できる健康成分です。海藻パワーの源となる栄養素であり、ヌルヌル成分が身体本来の元気を復活させます。海藻嫌いの方は健康食品で補給するのがおすすめで、薬品と違って副作用がないので気長に続けることができます。

長期的に飲み続けることで変化を実感できるので、健康生活を維持するために活用してください。

フコイダンは健康食品に分類されます

フコイダンは海藻類に含まれるヌルヌル成分で、食品由来のため健康食品として活用されています。薬品ではないので効果・効能を謳ったり、特定の症状に対して効くという表記はできませんが、一方で副作用の心配もありません。

健康食品は長期的に摂取することで体質改善を進めていくのが目的であり、フコイダンは特に機能性の高さから注目されています。フコイダンを補給するにはもずく・昆布・わかめなどが最適ですが、海藻が苦手な方は健康食品から摂っても問題ありません。

粒状のサプリやドリンク、化粧品などに活用されており、安全性の高い成分として人気です。低分子化されたものは特に吸収性が高く、身体に負担をかけることなく取り込めます。一方で本来の性質を維持したまま高分子で吸収性を高めたタイプも登場しています。

フコイダンは薬品ではないので厳格な用法・用量は定められていませんが、目安量を守ってコツコツと飲むのがおすすめです。

含有量を明記している商品が好ましいため、パッケージを見て必ず確認しておきましょう。吸収性は粒よりドリンクのほうが優れていますが、価格は高いのでドリンクを飲んで変化を実感できたら、粒に変えるなどの工夫をするのもよいです。

製造は安全基準の面からも国内工場で行っているところが好ましいです。

フコイダンは空腹時に飲むのがおすすめ

フコイダンの機能を最大限に高めるためには空腹時に飲むのが適しています。空腹時は身体がエネルギーを欲しており、摂取した栄養素が効率よく吸収されるのです。医薬品の場合は健康食品より作用が強力なため、胃腸に負担をかけないように食後の服用を推奨したものが多いです。

栄養素は吸収させてこそ機能するもので、吸収せず排出されては意味がありません。

フコイダン選びでは価格・含有量に加えて、吸収性もよくチェックしておきましょう。メーカーの公式サイトには他社比較をした場合の吸収性を明記していることもあります。食後2~3時間経過すると空腹状態になりますので、このタイミングで飲むのがよいでしょう。

または起床時・就寝前などに飲むのもおすすめで、ドリンクタイプなら原液または水・ぬるま湯に溶かして飲むのがよいです。粒タイプは消化吸収に少し時間がかかるため、就寝前や胃腸が弱っているときに飲むと胸やけを感じてしまうことがあります。

そのため体質やその日の体調によって粒とドリンクを使い分けるのもおすすめです。大切なのは飲み忘れがないように、少なくとも3ヶ月は継続することです。時間をかけて体質・体調を変化させる健康食品なので、短期間で劇的に変えることはできません。

フコイダンが含まれている食品を積極的に摂取しよう

医薬品との飲み合わせは原則問題なし

健康食品のフコイダンは医薬品と一緒に飲んでも基本的に問題ありません。似たような医薬品を同時に服用するとそれぞれのパワーバランスに変化が生じてしまう可能性がありますが、健康食品と薬品なら心配はなしです。ただし医師からサプリを禁止されていたり、特定成分の摂取を制限されていたりする場合は注意です。

例えば薬品とグレープフルーツジュースは相性が悪いと言われるように例外は存在します。フコイダンを選ぶときは薬剤師・登録販売者などに相談できる店舗で購入するのが好ましいです。店舗の目立つ場所に配置されている商品は売れ筋商品やロングセラー商品が多いので、こうした商品から選ぶと安心できます。

フコイダンの薬品にはないメリットは

薬品と言われるものには総じて副作用があり、副作用のない薬品は存在しません。そもそも薬とは特定の症状に対して主作用を発揮しますが、同時にそれ以外の部位にも作用を及ぼしてしまうのです。これが副作用と呼ばれるもので、例えば風邪薬で風邪を改善できる反面、胃腸機能を低下させたり眠気を招いたりしてしまいます。

これに対してフコイダンは健康食品なので、全身に対してマイルドに働きかけてくれます。身体の機能を正常にするのが目的で、病気を治すものではありません。アレルギーや免疫低下・健康数値の異常などに悩んでいる方におすすめで、時間をかけて本来の健康体に戻してくれます。

特におすすめしたいのはダイエットを頑張っていても痩せない方、胃腸の調子が思わしくない方、血圧・血糖値などが気になる方です。抗酸化力を高める役割もあるので、体調不良や肌トラブルが気になる方も試してみてください。

活性酸素は細胞にダメージを与えてしまうので、素早く除去していく必要があります。そこで役立つのが抗酸化力のあるフコイダンで、細胞を守ることで健康・美容を促進してくれるのです。フコイダンで胃腸を元気にすれば、食事からの栄養素の吸収性を高めることができます。

1日3食の規則正しい食生活を維持した上でフコイダンを摂取してください。

フコイダンが持っている特徴的な健康効果

フコイダンは育毛にも役立ちます

昔から海藻類は育毛によいと言われていますが、その理由の一つとしてフコイダンがあります。組織再生を促進したり免疫活性したりする役割があるので、頭皮を強くするために最適なのです。そもそも薄毛は頭皮異常から発生する肌トラブルであり、頭皮状態がそのまま髪質に反映されてしまいます。

頭皮が不健康な状態で育毛しようと考えても無理なので、まずは身体の内側から変えていきましょう。ガゴメ昆布由来のフコイダンは特に強力で、毛母細胞をより元気にしてくれます。肌と頭皮は一枚皮でつながっているため、肌トラブルによい栄養素は育毛にもよいのです。

毛母細胞を活性化させるためには3~6ヶ月くらいの期間を要するので、フコイダンを利用する方は気長に続けてください。育毛のためには休止期にあるヘアサイクルを成長期に変えていくことが重要で、それにより太くて長い髪の毛が生えてくるわけです。

髪は内側から作られるため、食生活から見直していく必要があります。フコイダンはサプリとして補給するのがおすすめですが、シャンプーや育毛剤に配合されたタイプもあります。外側からもフコイダンでケアするのに適しており、頭皮にうるおいを与えることで髪を元気にしてくれるでしょう。

参照元:フコイダン